お坊さん紹介

輪番挨拶

このたび、沖縄開教本部長と兼ねて沖縄別院輪番を仰せつかりました、田代賢治と申します。
元より浅学菲才で、齢を重ね体力も衰え、感性も鈍くなった私ですが、再び頑張ってみようかと思い立ちましたのは、定年まで走り続けた約四十年間、1年余りの縛りのない自由な時間を過ごしていても、何かしら無為に過ごすことの虚しさを感じ始めたの矢先、「あなたにはまだやることがある」との励ましの声が聞こえたような気がしたからであります。
この私に遺された時間はわずかではありますが、ここ〈琉球〉に居て、「世の中安穏なれ、仏法弘まれ」と願われた宗祖親鸞聖人のお念仏の教えを、一人でも多くの方々と共に聞いていきたいと思うところです。
「命どう宝」「国豊民安、兵戈無用」を目指して....。

(『東本願寺沖縄別院たより』2018年10月号より)

沖縄別院輪番 田代賢治

※輪番とは・・・・当別院の代表者のことです。

田代賢治(たしろ けんじ) 釋法爾

田代賢治(たしろ けんじ) 釋法爾

生まれ 1952年
出身地 大阪府
経歴 大谷大学大学院修士課程修了、真宗大谷派宗務所に入り、教務部長、企画室長、出版部長、 同和推進本部事務部長、出版部長、総務部長、山陽・名古屋・東京宗務出張所・三重教務所長などを歴任。2018年9月から沖縄開教本部長、沖縄別院輪番

所属僧侶

長谷 暢(ながたに まさし) 釋良暢

長谷 暢(ながたに まさし)
釋良暢

生まれ
1973年
出身地 滋賀県出身

琉球大学の学生時代を含めると4半世紀を沖縄で過ごしています。沖縄の美しい海が大好きです。琉球・沖縄の仏教史(特に浄土真宗)や旧南洋群島における仏教の歴史、ハンセン病問題、非戦・平和の取り組みに関心をもっています。法事の際は沖縄の仏教にまつわるお話をさせていただいております。

西田 和正(にしだ かずまさ) 釋和導

西田 和正(にしだ かずまさ)
釋和導

生まれ 1982年
出身地 京都府出身

大学卒業後、飲食業の傍ら心理学を学び、心理カウンセラー養成機関での講師の職を経て29歳の時、一念発起し東本願寺の僧侶となる。大阪の寺院で2年間勤めた後、来沖。大谷専修学院卒。

岸本 雄志(きしもと たかし) 釋大蓮

岸本 雄志(きしもと たかし)
釋大蓮

生まれ 1987年
出身地 沖縄県宜野湾市出身

ハイサイ、やんばる生まれ・宜野湾市大山育ちの地元の僧侶です。普天間高校・沖縄国際大学卒業後に福祉施設勤務、利用者さんと関わる中、このままでいいのかと悩む中で得度、大谷専修学院卒業後、東本願寺沖縄別院で法務員として念仏のある生活をさせていただいています。お念仏をしながら地域の方々と関わりを大切にしていきたいです。

知花 一盛(ちばな いっせい) 釈一盛

知花 一盛(ちばな いっせい)
釈一盛

生まれ 1988年
出身地 沖縄県読谷村出身

2017年大谷専修学院卒業後、大阪市大正区の正等寺で4年間勤務。2021年から沖縄に帰ってきて読谷村を中心に僧侶として活動しています。リトル沖縄と呼ばれる大正区で学んだ「異和共生」の心を持って沖縄でお念仏に取り組みたいと思っております。