東本願寺

098-890-2490

東本願寺沖縄別院について

 東本願寺沖縄別院は宜野湾市森川公園近くにある真宗大谷派(東本願寺)のお寺です。 1993年に浦添市屋富祖(その後宜野湾市大謝名に移転)に「真宗大谷派沖縄開教本部」が設置され、県内各地で仏教講座を開催してきました。その後2010年4月にマカレー東本願寺(米国ハワイ州)のご本尊を受け継いで東本願寺沖縄別院が設立され、本部と別院が一体となって沖縄の地で真宗の教えを聞く場を開いています。

玉代勢法雲

沖縄別院の本尊、須弥壇、梵鐘などは、マカレー東本願寺で崇敬されていたものを礎としている。そのマカレー東本願寺の設立者が左の玉代勢法雲である。 玉代勢法雲は、1881年那覇に生まれた。真宗法難事件から4年、琉球処分の2年後である。法難を乗り越えた門徒たちも信教の自由が認められ、早速、大谷派が布教の歩みを始めた頃である。法雲の仏縁は、彼の祖母に起因する。法雲の祖母は篤信な女性で、当時完成したばかりの那覇説教所へ毎朝欠かさず法雲少年を伴って参拝していた。それが田原法水の目に止まり、出家得度することとなり、1890年、満9 歳のとき琉球別院にて得度し、「法雲」の法名を貰う。
さて少年法雲は勉学に励み、真宗京都中学に入学する。卒業後、東京巣鴨の真宗大学へ進み、南条文雄のもとで学び、大学卒業後も華厳経の翻訳事業に従事する。 数年後、郷里沖縄に帰り布教活動に従事するが、39歳のとき開教使としてハワイへ渡ることになる。当時沖縄系移民は、ハワイ在住の同じ日本人の中にあっても不当な差別を受けていたという。法雲は、同郷の人々の苦しみを目の当たりにして、この不当な差別や偏見を克服することが己の使命と感じ、生涯ハワイ在住沖縄県人の地位向上に尽力した。後年、法雲は「沖縄人社会でもっとも学識のある影響力の大きい人物の一人であった」(『ISSEI』より)と評されている。
1936年にスミス布教所を移設し、新たに布教拠点となるべくマカレー東本願寺を建立する。その後も75歳で亡くなるまでハワイ各地において精力的に布教活動に従事している。法雲の人生をふり返ってみれば、その歩みは伝道を軸とし、常に沖縄の人々と共にあった。それは1876年に単身琉球に渡り、門徒とともに弾圧事件を乗り越えた師の田原法水との出遇いが、彼にその人生を歩ませたのかもしれない。

秋晴れぬ念佛生活七十年